Judging reviews

審査員からのコメント

東 利恵 建築家 / 東 環境・建築研究所代表取締役

image

今回は、建築の機能、環境性能を総合的にデザインに結び付けている住宅が少ない印象を受けた。
例えば、昨年のグランプリ「安城の家」は、環境的な取り組みがデザインとして表現されていたが、今年は環境的視点よりもデザインが優先されている応募作品が多いように感じた。
そのなかで、グランプリの「Yuji Yoshida Gallery / House」は、既存の集合住宅を、住まい手の暮らし方からデザインに取り組み、新しい空間提案とともに、基本的な断熱性能などの更新を行っている。ストックとなっている集合住宅の課題の解決の方向性を示唆している点を評価したい。
準グランプリの「shrimp」は空間の組み立て方が巧みであり、高いデザイン性、建て主の暮らしの満足感が感じられた。ただ、環境的な取り組みにももっと挑戦してほしかった。
近年、デザインと環境の両者をバランスよく取り入れる住宅が増えていることは嬉しいが、そこを超えてさらに新しい住宅の在り方を示すような提案を求めたい。デザインや環境に偏ることを恐れずに、住宅に対する新しい視点を追求していく姿勢を期待したい。

宿谷 昌則 建築環境学者 / 東京都市大学教授

image

多くの設計者が、熱や光・空気の環境について、それなりに考えるようになってきた。
これはよいことであるのに違いなく、ここ数年の傾向だが、政府が省エネ政策を推進しているので環境について考えざるを得なくなった、という外発的な意識で行われている例が少なくないように思えた。環境シミュレーションソフトを駆使することと同時に、あるいはその前に、まずは改めて自分のカラダで感じることから出発して、環境空間を意識化していき、その結果としての空間・時間デザインが表出されるように、もっともっとなっていってほしい。そのように思った。
もう一つ、今回の応募を通して思ったのは、建て主が積極的に関与した住宅ほど、その個性がデザインに表れ、住まい方とも調和していることである。実は、このことは上に述べたことと大いに関係しており、建て主と設計者の身体感覚が共有されているか否かがデザインの鍵となるのだと改めて思った。環境デザインの進むべき一つの方向として、今後大いに議論していったらよいテーマだろう。

千葉 学 建築家 / 東京大学大学院教授

image

今回は、強く印象に残るような作品は少なかったが、都心の狭小住宅から多世帯住宅、オーナー住居併用の集合住宅、ギャラリー付き住宅、そして知的障がい者のための住まいまで、そもそも住宅とは何か、ということを改めて考えさせられる応募作品が多かった。時代の要請や社会構造の変化がもたらすこうした動きに的確に応え、住まいの新たな可能性を探り続ける設計者の地道で多彩な取り組みは、世界でもまれに見るものだろう。そのエネルギーに改めて敬意を表すると同時に、このアワード自体も、これからの住まいに向けた豊かな想像力を育む必要があると感じた。
一方、今回は建物を長持ちさせることへの配慮が十分ではない住宅が少し目に付いた点が気にかかった。日本では次々と住宅を建て替えることが日常になってしまっているが、本来は住まい手や世代が替わっても住み継がれていく家を、しっかりとした社会資本としてつくるべきことも、改めて考えていかなければならないと思った。

小西 雅子 東京ガス株式会社 リビング本部 営業第二事業部長

image

これまでの本アワードのグランプリは、新築の戸建て住宅が多かったが、今回、初めてマンション住戸のリノベーションが受賞した。今も多くの新築住宅が建てられているなか、古いマンションの空室率の増加や、戸建て住宅の空き家活用が社会的な課題となっている。新築戸建てを押さえてマンションのリノベーションがグランプリを受賞したのは、そんな世の中の流れを反映しているように思う。
今回のグランプリ作品は、住まい手のニーズをデザイン面、環境面双方でバランスよく実現し、決して広くはないものの、大変心地よい空間に仕上がっている。特に、暗くなりがちな窓のない居室への採光を工夫し、心理的なバリアフリーを実現した点が、高い評価を得た。私たちとしては、こうした成果を広く社会に発信していくことがミッションだと考えており、ぜひ戸建て、集合を問わず、本グランプリを今後の家づくりの参考にしていただけると幸いである。

小嶋 一浩 氏 建築家 / 横浜国立大学大学院教授

第2回の開催以来、本アワードの審査員を務めていただき、今回の開催においてもご参画いただく予定だった建築家の小嶋一浩氏が、昨年10月13日に逝去されました。この場をお借りして、本アワードの発展に対する多大なるご協力に 感謝を申し上げ、改めてご冥福をお祈りいたします。

暮らしデザイン部門

志水 りえ モダンリビング 編集長

image

モダンリビング賞
「ROJI」
 設計:宇佐見寛/アトリエ ルクス
 施工:玉田建設


古くからの住宅地に建てられた3階建て住宅。河川の氾濫を考慮して、建物の外殻と2階床を鉄筋コンクリート造でつくり、その内側に緑の路地が3層にわたって連なる空間を木造でつくり込んでいる。
浸水被害に備えつつ、立体的に緑を展開した空間の快適性が評価された。

丸 洋子 住まいの設計 編集長

image

住まいの設計賞
「ペッタンコハウス」
 設計:田辺雄之/田辺雄之建築設計事務所
 施工:武井組


採光や通風を促すドーマー屋根を持つ工芸家の木造住宅。地域材を歩留まりの高い木取りで使い、合理的な構造システムで設計している。 木材の地産地消や、消費エネルギーを抑える暮らし方などを、建て主とともにコンパクトな形で実現している点が評価され、選定された。

坂本 二郎 LiVES 編集長

image

LiVES賞
「和泉町の家」
 設計:酒井翼/ T’s lab
 施工:みずよし


都市近郊で農業を営む家族が暮らす平屋住宅。外部のポーチから、食事も摂れる広い土間、そしてリビング・ダイニングまでが一体的な空 間として広がる。農家に求められる各機能を、使いやすく生活を楽しめる空間デザインにまとめている点が評価された。

ビルダー・工務店部門

桑原 豊
日経ホームビルダー 編集長

image

木藤 阿由子
建築知識ビルダーズ 編集長

image

池田 浩和
岡庭建設株式会社 専務取締役

image

優秀家づくり賞
「文藝酒場 ちろり」
 設計:三渡眞介+中村将之+ 築山大祐+福本遼/山弘
 施工:山弘


里山の文化が失われつつある地方都市の住宅地に建てられた二世帯住宅。両親が暮らす既存の母屋とほどよい距離を取りつつも一体感がある離れを計画。地域の人たちが気軽に足を運べる場も設けている。同じ敷地内で二世帯が長く住み続けられることを意識した計画や、地域に根差した里山循環の取り組みが評価された。

優秀家づくり賞
「方形の家」
 設計:富士ソーラーハウス+岡村未来子
 施工:富士ソーラーハウス


東京近郊の閑静な住宅地に建つ2階建て住宅。1.2mの軒を出す 主な設備:エコジョーズ、ガスコンロ、薪ストーブ方形屋根の下に、プライバシー確保を兼ねた耐力壁や、景色も楽しめる開口部を配置して、快適な生活空間を展開している。パッシブデザインを取り込んだ環境性能とプランニング、構造とがバランスよく統合されている点が高く評価された。